2月の投稿

氷柱と秩父散策                 カテゴリ:暇な話

1月の投稿
新春の玄岳・岩戸山を歩く            カテゴリ:遊山記
2018年タクワン漬け             カテゴリ:暇な話
富士の絶景ポイント竜ヶ岳…のはずが       カテゴリ:遊山記
2019年初日に出               カテゴリ:暇な話

12月の投稿
孫と初冬の大霧山に行ってきた          カテゴリ:遊山記
今年の芋煮会は景信山で             カテゴリ:遊山記


11月の投稿
初冬の青梅丘陵を歩いてきた           カテゴリ:遊山記
西上州の物語山を登ってきた           カテゴリ:遊山記
またまた‟やじま”で美食を堪能!         カテゴリ:暇な話














                   


More:続きはこちら

# by hkatsu59 | 2019-02-13 14:00 | 最新投稿記事 | Comments(0)  

氷柱と秩父散策

c0273271_11271367.jpg
芦ヶ久保の氷柱

c0273271_11322312.jpg
23番札所音楽寺と武甲山


2月7日(木)ここ数年恒例となっている、新春のこの時期に発売される秩父の銘酒‟甕口酒‟”を嗜む会を今年も行うことになったが、その前に芦ヶ久保の氷柱と秩父ミューズパークを散策することになった。この企画に便乗した山仲間4人と芦ヶ久保駅に9時31分到着の電車で集合した。ここ数日寒い日が続いていたが、この日は暖かく絶好の散策日和となった。


More:続きはこちら

# by hkatsu59 | 2019-02-13 11:13 | 暇な話 | Comments(0)  

新春の玄岳・岩戸山を歩く

c0273271_13050134.jpg
玄岳山頂で

c0273271_13052203.jpg
箱根駒ヶ岳を望む


Fツアー今年最初の山行は、箱根外輪山の玄岳へ登り、真鶴の民宿で新鮮な魚料理を味わいながら一泊し、翌日は十国峠から岩戸山を歩くという企画である。
今回は電車を利用するということだったが、12名の参加(1名は民宿から合流)となった。
N市から2時間半の電車だったが、今日は平日の朝ということもあり柏から東京まではラッシュで立ちっぱなしだったが、ようやく東京駅から座ることが出来、集合の熱海駅に向かった。


More:続きはこちら

# by hkatsu59 | 2019-01-30 13:32 | 遊山記 | Comments(0)  

2018年タクワン漬け

山仲間のN松さんが、自家農園で収穫した大根を私がタクワンに漬けるというやりなれないことをし出して、今年で4年目となる。今年も、例年通り収穫した大根を12月1日の午前中に虎ノ門の旧M社ビル裏手で待ち合わせ受け取った。今年は天候も温かく、例年以上に大根の生育が早く予定を早めて引き取ることになった。確かに今年の大根は大振りでずっしりとした重みがあり期待感がある。この大根を38本受け取った。
タクワン漬けは青森在住の頃、お袋が作っているのを見ていたが、4年前に話の弾みで作ることになったが、初めてだったので正直不安が一杯だった。1年目はネットで調べたレシピを基に作ってみたが、塩の量が多すぎしょっぱいものになってしまった。
2年目にアルバイトをしているゴルフ場の仲間の奥さんがタクワンを着けているというので、頼み込んでレシピを書いてもらった。この奥さんのレシピによると、塩の量がネットでのレシピの半分だった(大根の重量の0.03%弱)。これを基に漬けてみたが、塩分も丁度良く思いのほかうまく出来たので、今年もこれにのっとって4回目に挑戦してみることにした。

c0273271_10232437.jpg
12月1日午前に大根を受け取り、午後には早速ベランダの軒下にタクワン用として干した。


c0273271_10234112.jpg
       家の前の道路からベランダを見るとこの通り。結構目立つ。

c0273271_10240055.jpg
受領した38本の大根のうち32本はタクワン用として2本1組で紐で結わいて軒下に干した。下にある5本の大根は東北の漬物‟わり漬け”と‟にしん漬け”用に3~4日ほど干す予定。奥は白菜漬け用の白菜。大根の残り1本は正月の煮物用に取っておきました。

c0273271_10243166.jpg
干して20日弱、12月19日時点の大根。

c0273271_10244812.jpg
       大根もこのようにしんなりしてきた。もう漬けごろである。

c0273271_10252931.jpg
       大根の重さを計る。32本締めて30キロ強あった。

c0273271_10254657.jpg
大根を漬物容器にきっちり並べていく。これに調味料を入れるのだが分量を間違えないように。
    塩は大根重量の2.5%…750g
    米ぬかは大根の10%…3㎏
    鷹の爪…適量

c0273271_10260260.jpg
一番下に塩パラパラ、その上に大根・米ぬか・鷹の爪・塩・粉末出汁をパラパラ、その上に又大根を並べて繰り返す。あり合わせのリンゴの皮と柚子の皮を入れる。

c0273271_10263629.jpg
      大根を並べ終えたら、重しを乗せる。重しの重量は合計23Kg。

c0273271_10270003.jpg
1月11日現在、水が上がってきているがまだ少し浅いようだ。この時点で重しを約半分の13Kgに減らした。

c0273271_10272037.jpg
1月18日。もう大丈夫、漬かっているようだ。早速この日の午後N松さんと御徒町駅で待ち合わせ、半分の16本を渡す。

c0273271_10273449.jpg
            これがタクワンの完成品。

c0273271_10331954.jpg
  食事の添え物としてタクワンを並べる。今年も程よく漬かっていた。まずは一安心。

# by hkatsu59 | 2019-01-29 10:54 | 暇な話 | Comments(0)  

富士の絶景ポイント竜ヶ岳…のはずが

今年の最初の山行は、新年にふさわしく富士山の大展望が楽しめる本栖湖畔の竜ヶ岳へ、地元Nハイキングクラブ主催で行くことになった。竜ヶ岳はFツアーで2004年12月に行ったが、その時の展望のすばらしさに思わず付けになってしまったものだった。富士山がその裾野までの全景を見せ、手前の青木ヶ原珠海まで全て一望のもとに見渡せ、その後今までに見た富士山の中でも最も素晴らしい光景で、機会があればもう一度行ってみたいと思っていた。今回の企画にすぐに飛びついたのもこのような思いがあったからだ。しかもここしばらくは好天が続き、この日の予報も雲だが晴れ間もあるというので期待していた。
今回の参加者は22名で、N市を5時に中型バスで出発し圏央道・中央道を走り本栖湖に向かった。出発したころは雲があったが晴れ間も覗いていて期待を膨らませていたが、大月を過ぎると見えてきた富士山は頂上が雲に覆われていて嫌な予感がしてきた。本栖湖に近ずくに従った空は曇りで太陽は見られなかった。
8時前登山口のある本栖湖駐車場に着いた。


c0273271_15155272.jpg
竜ヶ岳山頂からこの方向に富士山が見えるはずだった。今日はガスっていて何も見えなかった。

c0273271_15162260.jpg
14年前に行った時は同じ場所からこんな風に富士山が見えていた。



More:続きはこちら

# by hkatsu59 | 2019-01-23 17:35 | 遊山記 | Comments(0)