伊豆が岳花桐コースを登る

c0273271_1616457.jpg

3月20日(水)春分の日に、年金トリオのOY木・W辺さんで花桐コースから伊豆が岳へ登った。伊豆が岳はいくつかのコースで登ったことがあるが、この花桐コースは初めてである。ガイド地図にも途中の諏訪神社の先で道が消えていた。地元のW辺が3度ほど登ってなかなか面白いということで今回の企画となった。



c0273271_163232100.jpg

          西吾野駅で待ち合わせ、10時5分出発する。
c0273271_9445844.jpg
しばらく車道歩きをする。諏訪神社の石塔。ここを右に行くと花桐コースとなる。
c0273271_9464684.jpg

         諏訪神社
c0273271_9483992.jpg
民家の庭先に福寿草が咲いていた。
c0273271_9502443.jpg

 杉林の中を沢沿いに登っていく。道は明瞭でなく踏み跡らしきところを見ながら歩く。
c0273271_952739.jpg
ところどころに石を積んでいるのを見る。これが登山道の標識のようだ。
c0273271_9525450.jpg

この辺で道を間違えて左の方へ行ってしまう。引き返し石積みを確認し直登する。
c0273271_11315591.jpg

登ってきた道を振り返る。杉林の中登山道らしきものは不明瞭である。
c0273271_9535537.jpg

ここが花桐コースの終点。ロープを張っているところを見ると一般にはお勧めできないコースなのか。
c0273271_9542286.jpg

花桐コースの終点真近をあえぎあえぎ登る私(OY木さん撮影)。
c0273271_955672.jpg

12時25分、伊豆が岳山頂。さすが秩父での人気のある山で人が多かった。
c0273271_9553613.jpg

山頂で3人で記念撮影(OY木さんのブログより借用)。
c0273271_9564135.jpg
五輪山まで下り昼食。儀式のビールは忘れず。
c0273271_9574684.jpg

下山途中から見た秩父の山並み。
c0273271_9593580.jpg

急坂を下る(OY木さん撮影)。
c0273271_959597.jpg
馬頭観音登山口。ここから正丸駅までは舗装道を下ることになる。
c0273271_1002769.jpg

途中道端に芽吹いていたふきのとうを積む(帰宅後ふき味噌にして食べる。ほろ苦く美味しかった)。
セリも出ていたので合わせて摘んだ。
c0273271_1012249.jpg
民家の庭先に咲いていた花。
14時5分正丸駅に着く。駅前の茶店で味噌おでんと餃子を肴にビールで反省会をする。
今日のコースはマイナーなコースでなかなかおもしろかった。
[PR]

by hkatsu59 | 2013-03-29 16:12 | 遊山記 | Comments(0)  

<< パノラマ台からの展望 奥久慈男体山 >>