釜ノ沢五峰で山菜採りを楽しむ

c0273271_1150249.jpg

          釜ノ沢五峰への出発地点、長若山荘前

ようやく春うららを感じさせられるようになった4月13日(土)、山仲間8人と秩父の釜ノ沢五峰へ行ってきた。この山は昨年4月下旬に行ったが、、その時には山も小さいながら岩場のアップダウンもあり結構面白かったがそれと合わせて山菜が豊富だったという印象が残った。
今回はそのリベンジというよりも、どちらかというと山菜採りに重点を置いた企画となった。

N市から東武線を乗り継ぎ、羽生で秩父鉄道に乗り換え集合場所の西武秩父駅へ向かった。1週間前に女房と清雲寺のしだれ桜を見に行った時は、長瀞から先の秩父線沿線は桜が満開だったが、1週間たった今では完全に葉桜となっていた。
西武秩父駅からタクシーで見覚えのある長若山荘前で降りた。今回は昨年とは逆のコースで、キャンプ場の方から登り五ノ峰から順に一ノ峰を経由し、この長若山荘前に戻るコースである。
10時20分逸る気持ちで出発した。



c0273271_1248629.jpg

道端をゼンマイを探しながら歩く。これはM本さんからショカツソウだと教えてもらう。さっそく写真をとるがこれではどんな花かよくわからない。そこでM本さんのブログから下のアップ写真を借用しました。もっと写真技術を磨かなければ・・・。

c0273271_12483638.jpg
c0273271_12513381.jpg

ヤマブキもきれいに咲いていた。

c0273271_1252144.jpg

さっそくゼンマイを見つけたようだ。W辺にオスとメスの区別を教わり、メスだけを積む。

c0273271_12521880.jpg

ある程度ゼンマイを収穫し登山口へ。結構急な道を登る。

c0273271_12524353.jpg

c0273271_12532221.jpg

         兎岩を登るW辺。

c0273271_1339256.jpg

          賽の洞窟

c0273271_12535676.jpg

11時32分、538mの竜神山頂に着く。    

c0273271_12544273.jpg

道端にモミジガサにたくさんある。貪欲にこれでもかと採る。ついつい採るのに夢中になり写真に収めるのを忘れてしまった。OY木さんのブログから借用しました。

c0273271_1333983.jpg

モミの巨木(真ん中の木)、かなりの大きさである。

c0273271_1255984.jpg

去年、タラの芽がたくさんあった場所につく。今年もありました(しかし去年の方がもっとあった気がする。少し早いのかな)。W辺が持参したロープで先端をたぐり寄せて芽を摘む。
ほぼ目に入る芽を摘んだところでその場所で昼食。

c0273271_12561056.jpg

    紫のつつじも咲いていた。
c0273271_12563067.jpg

ここからの展望。左に両神山、中央遠くに特徴ある双耳峰の上州二子山が見える。

c0273271_12565451.jpg

             四ノ峰

c0273271_12571699.jpg

             一ノ峰

c0273271_125739100.jpg

下山口、長若山荘横に咲いていたイカリソウ。

c0273271_1258581.jpg

みんな手にいっぱいの山菜を持って、行きつけの西武秩父駅前のそば屋に行く。これが今日の収穫。
タラの芽、ゼンマイ、手前がモミジガサ。

c0273271_12582812.jpg

店はいつになく(失礼)混んでいたが、お店のご主人の好意でタラの芽とゼンマイ・モミジガサの一部をてんぷらに揚げてもらった。これが絶品、美味しかった。ゼンマイもてんぷらにするとほろ苦く美味しかった(あく抜きする必要もないそうだ)。
ビール、地酒の秩父錦・武甲正宗で喉を潤し、山菜てんぷらと秩父名物ホルモン焼きや”みかばあちゃん”お手製の白菜の漬物等々に舌ずつみ打って、満足な気持ちで秩父鉄道に揺られながら夢心地になって帰路についた。
[PR]

by hkatsu59 | 2013-04-16 12:20 | 遊山記 | Comments(0)  

<< 江ノ島にて、そしてトンビが 自宅近くの江戸川土手から見た富士山 >>