江ノ島にて、そしてトンビが

c0273271_1056686.jpg

                   江ノ電の江ノ島駅

現役時代に同じ釜の飯を食った仲間4人で、卒業後親睦を計る目的で月1回顔を合わせている年金カルテット4人組が、いつも居酒屋の片隅で杯を傾けているよりも、春爛漫の気候の良い時に太陽の光を思う存分浴びた方が健康的だろうと、4月17日(水)に江ノ島まで足を延ばすことにした。
そこで、鎌倉在住でこの3月末日をもってかつて我々がいた職場を目出度く任期満了を迎えたM・N子さんにも声をかけ、JR鎌倉駅西口に5人が集合した。
そして江ノ電に乗り江ノ島駅で下車した。修学旅行シーズンで江ノ電もかなり混んでいた。
駅前でアルコールの入った清涼飲料水(?)を仕入れ、みやげ物店の並ぶ路地を海岸に向かった。



c0273271_11425637.jpg
c0273271_11423869.jpg

江ノ島海岸東浜でM・N子さんお手製の弁当を広げた。そこへ巡視員の人がきて”トンビに気を付けてください”と言われたが、なるほど空にはたくさんのトンビが舞っていたが、さして気には留めず弁当とビールに舌ずつみをうっていた。そこへ突然背後から一羽が私の弁当めがけ突っ込んできた。幸い弁当はひっくり返される事はなかったので、今度は蓋で押さえ気を付けながら食べていると再度背後から押さえている手をめがけてとびこんできた。これでは危ないと察し急いで弁当を撤収した。空を見ると前にもましてかなりのトンビが旋回していた。

c0273271_11432815.jpg

近くには“トビに注意”の看板があった。そういえば見渡してみると食事をしている人は見当たらなかった。以前に来た時(と行っても15年以上前だが)はこんなことはなかったが・・・。

c0273271_11443045.jpg

気を取り直し、弁天橋を渡ってみやげ物店の前のテーブルを借りて改めて弁当を広げた。
空にあいかわらずトンビが舞っているがさすがにここまでは降りてこない。

c0273271_1144781.jpg

腹も満腹になり、昼酒の心地よき酔いにまかせ、散歩がてら長谷観音に立ち寄る。境内の藤棚の前で・・・おや、M岸さんちょっと鼻の下が伸びてますよ。

c0273271_11451443.jpg

鎌倉市街・由比ヶ浜・三浦半島を見渡す。

c0273271_11445226.jpg

        長谷観音の本堂

c0273271_1146435.jpg

        本堂前で、T丸さん・N林・MN子さん

c0273271_11454297.jpg

境内にはボタンが咲いていた。

c0273271_12181960.jpg

そして、最後は大船駅前の居酒屋で反省会。やっぱり年金カルテットは居酒屋から縁が切れそうにもない。

今回は久し振りの鎌倉歩きと、M・N子さんを交えての昔話などでたのしい一日でした。
しかし、トンビの襲来には少なからず肝を冷やしました。。
[PR]

by hkatsu59 | 2013-04-19 12:54 | 暇な話 | Comments(0)  

<< 鼻曲山・旧碓氷峠を歩く 釜ノ沢五峰で山菜採りを楽しむ >>