今年も秩父で山菜採り

c0273271_1821435.jpg

              西武秩父駅前では桜が満開でした

4月11日(金)秩父で山菜採りを楽しんできた。
昨年、秩父釜の沢五峰で山菜採りをして、かなりの成果を挙げたことに味を占め今年も山菜ツアーを企画した。地元所沢のW辺が立案したが、今年は冬の雪が多かったため山菜の芽吹きが遅れているという事で、場所を32番札所法性寺から長若山荘に抜けるコースにした。この辺は標高も低いので何とか収穫も可能ではないかという思惑である。
私は、羽生から秩父鉄道に乗り、お花畑で降りたのが8時50分前、西武秩父駅に9時30分の集合には時間があったので駅周辺をぶらぶらした。東京では桜が葉桜になっているが、秩父鉄道の寄居を過ぎる頃から沿線の両側の桜は満開だった。秩父駅前でも桜は満開だった。



今年のこの企画に参加したのは、昨年の山菜採りですっかりその魅力にはまってしまった懲りもしない7人である。

c0273271_18222228.jpg

西武秩父駅からタクシー2台に分乗し、小鹿野の落合橋で降りた。

c0273271_18224289.jpg

落合橋から32番札所の法生寺まで山菜を求めぶらぶら歩く。途中秩父大神社にある桜も満開だった。

c0273271_1823110.jpg

さっそく見つけました。まずはヨモギとノビルを道端に見つけさっそく摘みました。河原に下りると野生のワサビの葉をみつけました。そしてこれは野生のワケギを採っているところ。またウルイも発見・・・皆さん採るのに夢中です。

c0273271_18233148.jpg

山里風景を眺めながら歩いて行くと秩父32番札所法生寺に着いた。

c0273271_18234351.jpg

斜面に咲いているカタクリの花を見つけました。

c0273271_1824367.jpg

山門をくぐり本道に上がる石段。両側にはつつじが咲いていました。

c0273271_18242529.jpg

サンシュユも黄色い花を咲かせ綺麗でした。

c0273271_18245778.jpg

ミツハツツジをアップで・・・

c0273271_18251812.jpg

坂道を登ると断崖を背負って建つ懸崖造りの古めかしい観音堂があった。

c0273271_18254054.jpg

大岩の間をくぐり登山道がある。

c0273271_1826047.jpg

意外と急な登りとなる。

c0273271_18262876.jpg
龍虎岩。このクサリを登った岩穴の中に祠が見える。

c0273271_182745.jpg

かなり大きな蛇が岩を登ろうとしていた。

c0273271_18272417.jpg

胎内観音。横長の岩窟の中に13体の石の観音様が祀ってあった。

c0273271_18274111.jpg

少し登りきると、大きな岩場に出る。この岩の先端にお舟観音の立像があった。先端が切れ落ちていて結構高度感がある。観音様とN松さん。

c0273271_18283862.jpg

反対側に大日如来像があった。クサリを使って登った岩の上にある。

c0273271_18285732.jpg

これが大日如来坐像。

c0273271_18292128.jpg

ミツハツツジの紫の花をあちこちに見ることが出来た。

c0273271_18294161.jpg

ちょっとアップで・・・

c0273271_18301357.jpg

分岐、釜の沢への道を確認。

c0273271_18303557.jpg

今年は秩父地方もかなりの大雪だったとのこと。その雪の影響か、至る所で倒木・道の崩落があって登山道が不明瞭な箇所があった。

c0273271_18305676.jpg

木の間から武甲山が見られた。この位置からみると無残に削り取られた跡もなく形のよい山容である。

c0273271_18311988.jpg

危なっかしい急な下り道を枝木など手元を保持しながら慎重に下りる。

c0273271_1831409.jpg

奇岩ともいえる亀岩が見える。

c0273271_18322649.jpg

11:55この辺で昼食。麓で採った野生のワケギをラーメンに入れてみる。香りも良く味を引き立てる。もちろん恒例の儀式は怠りなく。

c0273271_18324838.jpg

見晴らしの良い高台で武甲山をバックに一枚。

c0273271_18333448.jpg

悪路に悪戦苦闘しながら12:43長若山荘の上に出た。ここにも綺麗なミツバツツジがあった。

c0273271_18331122.jpg

アップで一枚。

c0273271_18335956.jpg

山歩きでは山菜は皆無だった。昨年長若山荘周辺で豊富な山菜を見つけたこともあり、さっそく鵜の目鷹の目で藪の中や道端を探し始める。
あった、あった・・・ぜんまい、ウルイなど持参のビニール袋に詰め込む。皆さん、大量収穫に自然に目元口元が綻ぶ。

c0273271_18342041.jpg

14:00迎えに来たタクシーで西武秩父駅に戻る。
そこで、行きつけのそば屋に繰り出し、いつものようにわがままを言って、収穫してきた山菜をてんぷらにしてもらう。おかみさんは嫌な顔をせず(腹の中では呆れているのかもしれませんが、そこは常連の図々しさで・・・)手際よく捌いてくれた。
これが、その山菜料理。左がウルイのお浸し、右がヨモギ・ゼンマイ等のテンブラ。いずれも美味しかった。

c0273271_18344168.jpg

ここでOY木さんが〝食山人”の顔を覗かせブログ用に写真を撮っていた。



山菜料理やお店自慢の料理、それに地酒と最後にはくるみそばで腹を満足にさせ西武線に乗った。まだ多少の(?)物足りなさを感じた数人は電車の中でもチビリチビリと喉に流し込んでいた。
私は途中東飯能で皆と別れたが、皆さんは無事家まで何事もなく帰れたでしょうか?
今年もたくさんの収穫を得て、いっぱしの山菜採り名人を自負する方が増えてきたようでした。

今日は天候にも恵まれ楽しい一日でした。
[PR]

by hkatsu59 | 2014-04-14 18:35 | 遊山記 | Comments(3)  

Commented by 山好きちゃん at 2018-04-04 09:40 x
はじめまして

秩父の山菜採りの記事を拝見しました。
この時期は秩父でも色々な山菜が採れるんですね~

今年もそろそろでしょうか??
今週末か来週辺り山菜摘みに行きたいと思ってますが
もし、差し支えなければ、この時の詳しいルートを教えて頂けないでしょうか。

実は山菜採りは素人なのですが、採ってはいけない毒系の山菜も
この辺では多いのでしょうか?
Commented by hkatsu59 at 2018-04-13 09:36
山好きちゃん
おすすめは、釜ノ沢五峰です。長若山荘から林道を進むと右手の斜面にゼンマイ・ウルイを見つけられます。ゼンマイには雄と雌がありますので雌だけを取ってください。登山口から登っていくと至る所にモミジガサ・ヤブレカサが見られます。天ぷらには最高です。登山道のどこかににはタラの芽もありますのでよーく見てください。タラの芽は大きくなって高いところにありますので、つまむときには注意してください(トゲにも注意)。毒系というより知らないものは採らないことです。
Commented by 山好きちゃん at 2018-04-13 22:07 x
詳しい情報ありがとうございます!

タラの芽とコシアブラを狙ってました。
モミジガサ・ヤブレカサは食べた事ありませんが
天ぷらが美味しいんですね~(゜o゜)

<< 王岳を登ってきた 秋山二十六夜山を歩いてきた >>