碓氷峠路を歩いてきた

c0273271_1182979.jpg

                めがね橋(第3橋梁)

6月13日(金)碓氷峠の遊歩道アプトの道を歩いてきた。この道は廃線となったアプト式の信越本線の横川から熊ノ平までを遊歩道として整備したものである。
昨年4月Fツアーで鼻曲山に行った帰りにめがね橋に立ち寄ったが、その時の印象が強烈に残っていた為に、いつか機会があれば新緑の時か紅葉の頃にこの遊歩道を歩いてみたいと思っていた。今回、女房と軽井沢に行くことになったので足を延ばしてこの遊歩道を歩くことにした。

13日は前日の雨と打って変って晴天となった。絶好の散策日和である。
軽井沢駅から横川駅までのバスに乗って途中の熊ノ平で降りようと思ったが、この時期のバスは旧道を通らないので熊ノ平には行かないとのことだった。仕方がないのでタクシーで熊ノ平に行くことにした。




c0273271_1193395.jpg

軽井沢駅からタクシーで20分程で熊ノ平駐車場に着いた。駐車場にはバス2台で来ていた小学生の団体がいたので、それらが出発した後に、時間をずらして歩き始めた。この看板がアプトの道の全体図。横川駅までは下りとなるのでのんびりと歩くことにする。

c0273271_11101952.jpg

熊ノ平駅は高台にあるので、この階段を登ることになる。

c0273271_1110467.jpg

階段を上がった所にある熊ノ平駅跡。構内には当時の線路がそのまま残されていた。横川から軽井沢までの間では唯一の平坦地だった為、信越線が単線だった頃はここで待ち合わせ・すれ違いをしていたそうだ。

c0273271_11125681.jpg

軽井沢方面を見る。突き当たりのトンネルはもちろん閉鎖していた。

c0273271_11132856.jpg

横川方面を見る。4つあるトンネルの一番右が遊歩道となっている。ここから遊歩道が始まる。

c0273271_11135626.jpg

構内にあるアプト式開通の碑。横川駅からは66.7‰という急勾配だった為にこのアプト式鉄道を作ったが、昭和38年にアプト式が廃止され、41年に信越線が複線化されてからはこの熊ノ平駅も役目を終えたとのことである。

c0273271_11141861.jpg

横川まで10か所のトンネルがあるが、これが最初の10号トンネルである。

c0273271_11143710.jpg

10号トンネル内から9号トンネルを見る。

c0273271_11145854.jpg

9号トンネル。

c0273271_11153079.jpg

9号トンネルの手前にある第11カルバ―ト。橋の中で径間4.57メートル以下のものをカルバ―トと呼び、碓氷線には21あったがそのほとんどが取り壊されたり作り直されたりしたが、この第11カルバ―トは当時の原型を留めているという。

c0273271_11155573.jpg

遊歩道の周囲は濃い緑に覆われていた。

c0273271_11165649.jpg

6号トンネルを抜けるとこの遊歩道での目玉であるめがね橋に出た。

c0273271_11172131.jpg

めがね橋の中間で女房の記念撮影。

c0273271_11192929.jpg

c0273271_11185910.jpg

下の国道に下りてめがね橋を見上げてみる。
200万個以上のレンガを使ったアーチ型の橋で高さ31メートル・長さが87.7メートルあるという。国指定の重要文化財にもなっているという。

c0273271_1120060.jpg

向こうに見えるのが信越線の新線で、これが出来た為にアプト式が廃止された。この新線も新幹線が出来た為、今では使用されていない。

c0273271_11202389.jpg

違う角度から見ためがね橋。

c0273271_11204566.jpg

5号トンネルの内部からめがね橋を見る。

c0273271_11214790.jpg

4号トンネルから3号トンネル方面を見る。

c0273271_112278.jpg

3号トンネルを出ると右手下に碓氷湖が見えてきた。

c0273271_11222910.jpg

碓氷湖の全景。

c0273271_11225431.jpg

碓氷湖は坂本ダムが出来たことによる人造湖である。これが坂本ダム。

c0273271_11231459.jpg

2号トンネルを出ると右手に妙義山の特異な山容が見えてきた。

c0273271_11234458.jpg

1号トンネル入り口横に中山道の標識があった。

c0273271_112487.jpg

最後の1号トンネルを出た所。これで10か所のトンネルを潜り抜けたことになる。

c0273271_11243636.jpg

途中峠の湯の前を通る。去年来た時はここで汗を流したところだが、昨年の7月31日に火災があって目下休業中とのこと。所有の安中市の財政問題もありなかなか再建出来ないようだ。
峠の湯から見た妙義山。

c0273271_11245866.jpg

峠の湯からすぐの所にある坂本宿に立ち寄ってみる。大内宿や海野宿のような宿場町の佇まいを想像していたが、車が頻繁に通る国道の両側にあり今時の家で少々がっかりである。かろうじて軒先に出ている〝かしわや”〝たまりや”〝俵屋”という看板でかろうじて宿場町であるという名残があるだけである。

c0273271_1125244.jpg

峠の湯から横川方面に向かう遊歩道には線路がそのまま埋められた状態で残っている。

c0273271_11261298.jpg
c0273271_11263511.jpg

c0273271_11265730.jpg

レンガ造りの丸山変電所。これも国の重要文化財に指定されているそうだ。

c0273271_11265562.jpg

碓氷関所跡。箱根の関所と並ぶ日本三大関所跡といわれている。

c0273271_11273414.jpg

アプトの道の起点。6.3キロの遊歩道の終わりである。

c0273271_11275355.jpg

横川駅。信越線が通っていた頃は栄えていたのだろうが、今は終点駅となっていて閑散としている。駅前にはここが発祥である”峠の釜めし”の食堂や記念館があるだけで、他にはワサビ漬けのみやげ物店が1件だけあった。寂しいかぎりである。ちなみに、この横川駅は〝関東の駅百選”に入っているのだそうだ。

13;57発高崎行きの電車に乗ったが、電車の中で買ってきた釜飯とビールで車窓から見える子持山や浅間山を肴に遅い昼食とした。3時間半ほどかけてぶらぶら歩いたが、なかなか気持ちの良い散策だった。
[PR]

by hkatsu59 | 2014-06-14 11:27 | 暇な話 | Comments(2)  

Commented by alkinist at 2014-06-16 06:19
奥様孝行の間もビールを忘れない心がけ、敬服いたしました。終点駅の風景というものは独特の情感を生みますね。雰囲気の伝わる記事でした。
Commented by akitaka at 2014-06-20 05:25 x
レンガ造りの橋、トンネル、発電所など絵になり良いですね。日本各地の近代化遺産を巡るのも面白いかと思いました。
行くなら一人で、ご一緒に歩く仲の良いご夫婦が羨ましいです。

<< OB懇親会2014 NO.84光岳、NO.85聖岳 >>