天女山をスノーシューで歩いてきた

c0273271_1024427.jpg

        左から、編笠山・権現岳・赤岳の八が岳

c0273271_10243134.jpg

           天女山山頂で

2月21日(土)Fツアーで八が岳山麓の天女山・美し森をスノーシューで歩いてきた。実は、1月のFツアーを持病の腰痛が悪化して欠席し、ほぼ一カ月間は長時間の歩行を控えていたので、今回のツアーははたして歩けるのか不安でいっぱいだった。結果は予想通り後半バテてしまい皆に着いて行くのがやっとだった。
2年前、反対側の美し森から歩いたが、その時は天女山の登山口まで雪が深くバスが入れなかった為に途中で下山したものだった。

いつもの通り6:30に新橋駅に集合し、今回参加の17名を乗せアトムバスで出発した。今日は雲ひとつない快晴の2月にしては暖かい陽気で、冬仕度でしっかり着込んできたのが良い方に裏目と出た。



c0273271_10253229.jpg

清里の清泉寮でスノーシューをレンタルし、今回の出発地点の天女山登山口でバスを降りた。

c0273271_10284537.jpg

さっそく、スノーシューを装着する。

c0273271_1033030.jpg

10:05出発。先頭が左側の丘に登るところだが、このたかだか5~6メートル程の登りがスノーシューでははなはだ登り難い。皆四苦八苦しながらようやく登った。

c0273271_1034288.jpg

落葉松林の中を歩いて行く。

c0273271_10343430.jpg

10:40天女山山頂に着いた。さっそく全員で記念撮影(T橋さんのブログより借用)。

c0273271_1035413.jpg

山頂から八が岳が見える。右の三角形の山が最高峰の赤岳。

c0273271_10352499.jpg

反対側を見ると、木々の向こうに富士山が見える。

c0273271_10422949.jpg

山頂でしばし展望を楽しんだ後、少し下ると雪に覆われた牧場に出る。ここから見た赤岳が素晴らしい。

c0273271_10431027.jpg

反対側清里方面を見ると、飯盛山の向こうに金峰山が望める。

c0273271_10444648.jpg

目を右に転じると、茅ガ岳の向こうに薄っすら霞みがかかった富士山が見えた。

c0273271_10434652.jpg

富士山をズームアップしてみる。

c0273271_10451193.jpg

雪原の牧場を歩く。目の前に見える赤岳が目に焼けつく。

c0273271_10453137.jpg

雪の八が岳は絵になる。これをバックに一枚。

c0273271_10455321.jpg

c0273271_10461273.jpg

12:10展望台到着。ここで昼食タイムとなる。そういえば2年前に反対側の美し森からスノーシューで来た時もこの場所で昼食をしたのを思い出した。
この素晴らしい雪景色を肴にビール・ワインで一献。持ち寄った自家製漬物や身欠きにしん・海産物などのつまみが披露され舌ずつみを打つ。
いつものことながら、このひと時がたまらない。

c0273271_10464138.jpg

このスナップはT橋さんのブログより借用しました。

c0273271_10471861.jpg

赤岳の左上に一筋の飛行機雲が尾を引く。

c0273271_10474879.jpg

12:40過ぎ、ランチタイムが落ち着いたところでの出発準備にとりかかる。これから美し森まで行くのだが、2年前は天女山に行かずここから直接牧場に下りたものだった。

c0273271_1048942.jpg

出発前に、金峰山をバックに全員で記念撮影(T橋さんのブログより借用)。


c0273271_10484716.jpg

美し森に向かって、落葉松林の中を下って行く。

c0273271_1049782.jpg

雪の林道に出てから登り返しになるが、たいした標高差はないがこのあたりで日ごろの運動不足が出始めやたら足が重くなる。N松さんにスナップを撮ってもらったこのあたりが最も疲れのピークの頃であった。

c0273271_10495055.jpg

14:15羽衣の池に着く。池は雪に覆われていて水は見えないが、奥に赤岳の山頂が覗かれる。ここからは真教寺尾根で赤岳に続いている。

c0273271_10501411.jpg

14:40美し森にようやく到着。記念碑と八が岳。

久し振りの長時間の歩きで正直疲れました。これからは体力回復を目指し徐々に運動して行かなければ、と反省しきりの一日でした。
[PR]

by hkatsu59 | 2015-02-26 10:36 | 遊山記 | Comments(1)  

Commented by minoo2035 at 2015-03-03 15:07
素晴らしい景色有難う。スノーシユウは楽しいものですよね、わたしも行きたいと思います。


          大浦 克憲

<< 秩父の破風山を歩いてきた 水仙咲く南伊豆へ行ってきた >>