人気ブログランキング |

掃部ヶ岳(かもんがだけ)・杏ヶ岳(すもんがだけ)山行

c0273271_10314518.jpg

硯岩から榛名富士と榛名湖を望む

c0273271_10383522.jpg

掃部ヶ岳山頂で全員で記念撮影(M本さんのブログより借用)

9月のFツアーは、上州榛名湖の外輪山最高峰の掃部ヶ岳(かもんがだけ)と杏ヶ岳(すもんがだけ)を歩いてきた。いつものように6時30分新橋駅に集合した16名の仲間と、いつものマイクロバスで出発、登山口近くの榛名湖畔にある国民宿舎榛名吾妻荘前駐車場に着いたのが9時30分過ぎだった。
先週は1週間の間に3個の台風が接近するという荒れた日が続いたが、今日は打って変った快晴で絶好の山歩き日和となった。




c0273271_10333834.jpg

駐車場に到着後、身支度に取り掛かる。いつものことながら皆さん手慣れたもので、5分もあれば出発OKとなる。

c0273271_1034134.jpg

駐車場から5分ほどで掃部ヶ岳の登山口がある。9:50出発。

c0273271_10341914.jpg

緑濃い林の中の登り。吹き抜ける風が秋を感じさせて心地よい。

c0273271_1034401.jpg

15分ほどで硯岩との分岐に出る。展望が良いとのことなので立ち寄ってみることにする。

c0273271_10354845.jpg

なるほど、見晴らしは良い。榛名湖を囲んで榛名富士を初め外輪山が見渡せる。手前の巨岩が硯岩か?

c0273271_1036845.jpg

展望を身を乗り出して眺める面々。

c0273271_10362641.jpg

分岐まで戻り、掃部ヶ岳を目指す。笹が多くなり、腰まで隠れるほどである。

c0273271_10364341.jpg

土留めの為だろうか、丸太で階段を作っていたが、これが歩幅に合わず歩き難くく、疲労を増長させてくれる。

c0273271_1037986.jpg

10:50掃部ヶ岳(1449M)山頂到着。丁度1時間の登りだが、時間以上に疲労を感じるのは階段の登りのせいか。
とにかく山頂での踏破記念にパチリ。
山頂はさほど広くはないが、ランチの場所としてはまあまあなので予定通りランチを・・・とN松さんの提案があったが、時間的にはまだ早いのでもう少し先に行くことにした。杏ヶ岳方面から登ってきた人に、途中の登山道にまだ新しい熊の糞があったので気をつけて、とアドバイスがあったので身を引き締める。

c0273271_10391735.jpg

下りも笹が多く、登山道が見えず木の根につまずく者もいた。

c0273271_10393555.jpg

c0273271_10395887.jpg
c0273271_10403032.jpg

30分程下って、小さな広場を見つけランチタイムとする。これから杏ヶ岳への登り返しがあるので、儀式はちょっと躊躇したが誰かのプシュ!!という音に勢いずき、皆さんB缶を開け喉に流し込む。

c0273271_1041616.jpg

20分程ランチを楽しんでから、また下りに取りかかる。途中、開けたところから振り返ると掃部ヶ岳が見える。

c0273271_10413581.jpg

道端に朽ちかけた石仏もあった。

c0273271_10415514.jpg

12:20杖の神峠に着く。

c0273271_10421430.jpg

林道を渡った対面に杏が岳の登山口がある。いつもトップで我々を引っ張ってくれるM本さんが、出発はまだかまだかと煽り立てる。

c0273271_10424752.jpg

杏が岳はピストンなので、途中ザックをデポし空身で登ることにした。

c0273271_1043767.jpg

12:45鷲の巣山(1319M)着。こちらの方が杏ヶ岳より標高が高い。ここは展望もないので先へ進む。

c0273271_10434022.jpg

下っていくと杏ヶ岳が木々の間から垣間見える。これから小さなアップダウンを繰り返し、目指す杏が岳になかなか到着せず結構ばててきた。これが1ヵ月暑さにかまけて怠惰な生活を送ってきたツケが出てきたようだ。

c0273271_1044843.jpg

13:15ようやく杏が岳(1292M)到着。1時間弱の登りであったが、本当にようやく着いたという感じである。まずは山頂到達記念にパチリ。

c0273271_10443723.jpg

U沢さん持参のワインを回し飲みをする。ほんのチョットだけ御相伴にあずかったが、冷たくて美味しかった。

c0273271_1045233.jpg

山頂は樹木に覆われ展望はないが、一か所木々の間から外輪山の一端が覗ける。

c0273271_10453782.jpg

帰りは、登ってきた道を下る。14:03杖の神峠に戻る。

c0273271_10455939.jpg

今の時期、花にはあまりお目にかかれないが、それでも時々楚々とした花が目に入ってくる。これはツリフネソウ。

c0273271_10462924.jpg

峠から単調な林道歩きとなる。

c0273271_10465242.jpg

40分程歩いて、ようやく湖畔の宿駐車場に着いた。目の前に榛名藤が目に飛び込んでくる。

c0273271_10473086.jpg

竹久夢二のアトリエが丘の上に残っていた。

c0273271_10475791.jpg

榛名湖にかかわる石碑。この上には“湖畔の宿”の歌の石碑もあった。

c0273271_10481562.jpg

帰りに“ゆうすげ元湯”で汗を流す。湯あがりに道に座り込んでアイスを頬張るN松さん。

久し振りの山歩きはやはり疲れた。実のところ、8月に西穂高から焼岳行を計画していたが台風のため取り止めたこともあり、ひと月以上山歩きのブランクがあった為、今回は体力的に少々不安な面があったが、なんとか歩ききることが出来た。

by hkatsu59 | 2016-09-05 10:48 | 遊山記 | Comments(0)  

<< 2016秋・山中湖・・・きのこ狩 ブナ原生林の尼ガ禿山を歩いてきた >>