秩父巡礼その2(丸山~4・5・10・11・15番)

c0273271_9521755.jpg

冬支度中の畑越しに第5番語歌堂を見る。なかなか詩情溢れる田園風景だ。

c0273271_9524311.jpg

同じ場所から武甲山を望む。この方面から見ると痛々しい光景だ。

3月24日(金)雨模様の天気予報が前日に晴れマークに変わったので、急遽秩父に行くことにした。
今回は芦ヶ久保の丸山から第4番金昌寺へ行くコースを選んでみた。
丸山から金昌寺へ下るコースは数年前に行ったことがあるが、今はあまり記憶がなく、ただやたら長かったという思いがあった。
芦ヶ久保から丸山へ行くのに、日向山分岐から行くコースと大野峠経由で登るコースがあるが、芦ヶ久保駅に着くまでどちらにするか決めかねていた。
芦ヶ久保駅に降りて駅前のコース案内板を見ているうちに大野峠の方が自然に親しめるコースのように思えたのでこちらを選んだ。
このコースも前回金昌寺を行ったときに登ったのだが、登り一辺倒のなかなかハードなコースだと記憶している。




c0273271_9544185.jpg

9:13芦ヶ久保駅を出発。駅から国道299号線に降り、右手(東側)へ車道を歩く。

c0273271_955177.jpg

単調な車道歩きを20分ほど続けると、大野峠・丸山の字が見える登山口に着いた。ここからいよいよ山歩きである。

c0273271_9563569.jpg

杉林の中の道を登る。いまがスギ花粉のピーク、立派な花粉症持ちのわが身には先が思いやられる。

c0273271_9565928.jpg

道端にある小さな石仏。心が洗われる思いだ。

c0273271_9573269.jpg

道も徐々にきつくなり、見えるものはスギの木という単調な登りをひたすら登っていく。

c0273271_9575813.jpg

1時間以上歩き続け、ようやく登り道の先が明るくなってきたと思っていると車道に出た。車道の対面に東屋があり丸山へ1.2KMの標識があった。どうやらここが大野峠のようだ。10:38

c0273271_9582423.jpg

急な階段を登ると開けた場所に出た。パラグライダーの飛翔地だ。

c0273271_959126.jpg

ここから丸山までは緩い登りの明るい尾根道だ。今は葉が落ちた枯れ木を通し早春の陽射しがまぶしいが、葉が芽吹くと眩しいくらいの森林浴を楽しめる気持ちの良い道だ。

c0273271_9593248.jpg

尾根道からは天文台のドームや鉄塔が見える、堂平山だ。

c0273271_9595937.jpg

11:06丸山到着。

c0273271_1004970.jpg

山頂の展望台に上がってみる。遠くに両神山が見えた。

c0273271_1011779.jpg

武甲山がまじかに見える。

c0273271_1015276.jpg

これは奥多摩の大岳山。この他、これらの山の奥に八ヶ岳や甲武信岳が見えるというが、今日はそこまでは見えない。

c0273271_102207.jpg

武甲山をバックに一枚。

c0273271_1025271.jpg

11:40県民の森・森林学習展示館に到着。展示館は冬期休館中だった。

c0273271_1032647.jpg

ここでランチとする。今日ももちろん神聖な巡礼中につき般若蕩は省略、果たしてこの心境はいつまで続くことやら、の心配はともかくランチを済ます。

c0273271_1035292.jpg

山頂から堂平山、笠山を見る。

c0273271_104324.jpg

12:00金昌寺コースの下りに入る。この道は森林浴を十分に楽しめる下りだ。

c0273271_1052041.jpg

葉が落ちてしまったこの時期ならでは見える、枯れ木の向こうの武甲山。

c0273271_1075145.jpg

秩父の町を見ながら下る。

c0273271_1082244.jpg

落ち葉を踏んで下るのは何とも気持ちが良い。しかし長い。ひたすら下って行く。

c0273271_109183.jpg

13:15、2番寺への分岐。

c0273271_1094692.jpg

愛宕神社と書かれた小さな祠があった。

c0273271_10153271.jpg

c0273271_10155888.jpg

まもなく墓地が現れる。金昌寺の墓地だ。道端にたくさんの石仏がある。

c0273271_1010115.jpg

13:30第4番金昌寺本堂に到着。古色蒼然たる年代を感じさせられる本堂だ。

c0273271_10104342.jpg

巡礼参拝記念に一枚。

c0273271_1011586.jpg

本堂下には根音堂があり、観音立像が安置されていた。

c0273271_10113198.jpg

金昌寺の山門。両側の大わらじが印象的だ。

c0273271_14504530.jpg

納経を済ませ、5番寺へ向かう。巡礼古道を歩いていくと石の道しるべ、右三番・左五ばんと書かれてある。

c0273271_15444242.jpg

20分ほど歩いて第5番語歌堂山門に着いた。14:00


c0273271_10122113.jpg

こじんまりした本堂。ここは塀がなく、山門と本堂だけだった。


c0273271_10124782.jpg

ここでも参拝記念に一枚。

c0273271_1013951.jpg

納経は少し離れた長興寺で行う。


c0273271_1016318.jpg

5番から15分ほど町の中を歩いていくと田園の中にある10番大慈寺山門に着いた。14:28
山門は白木造りの立派なものだ。

c0273271_10165676.jpg

華やかさが目につく本堂。

c0273271_10172546.jpg

納経記念に本堂前で一枚。

c0273271_10195274.jpg

10番から11番に向かう道すがら見えるのは、さっき登ってきた丸山。


c0273271_10201682.jpg

車道を歩くこと25分ほどで第11番常楽寺に着いた。14:55
少し小高い所にある本堂は、病気平癒の寺として信仰されているという。


c0273271_10204082.jpg

ならば、健康祈願に一枚。

c0273271_10211128.jpg

今日の予定はこれで終わり、ということで秩父駅に向かう。が、通り道に15番札所の看板を見つける。予定していなかったが、通り道にあるのであれば立ち寄らざるをえまい。
15:15、第15番少林寺到着。白漆喰の土蔵造りの本堂とは珍しい。


c0273271_10213539.jpg

朱印記念に本堂をバックに梅と一緒に記念撮影。

c0273271_10215988.jpg

15番を出て、秩父駅に向かう途中に秩父神社があったので立ち寄る。昨年12月3日に秩父の夜祭を見に来たときは、この辺りはびっしりの人出で身動きが取れず、遠くから山車を眺めたものだった。

c0273271_102221100.jpg

今は静かで人もほとんどいなかったので、じっくりと社殿を拝観する。

c0273271_10224467.jpg

社殿をバックに一枚。

c0273271_1023835.jpg

15:37秩父駅到着。羽生行の電車は出たばかりだったので30分弱待つことになった。

c0273271_10232943.jpg

前回、巡礼絞めのBを買うことが出来ず臍をかんだのに懲り、今回は11番の向かい側にコンビニを目ざとく見つけ買っておいたものだ。電車待ちのホームで飲み干す。武甲山をバックにBEERを・・・
お疲れ様でした。
[PR]

by hkatsu59 | 2017-03-26 10:05 | 秩父の山と巡礼 | Comments(0)  

<< 孫と大平山へ行ってきた 三浦半島の山を歩く >>