秩父巡礼その9(第31番~観音山)

c0273271_10514134.jpg
          観音山山頂で

秩父34ヶ所巡礼もあと残すところ2ヶ所、11月9日(木)31番札所観音院に行ってきた。この日は天気は快晴で申し分なかったが、北風が強く寒かった。
実は、3年前の11月にOY木さんとW辺の3人で観音山から落葉松峠を通った千鹿谷鉱泉に抜けたことがあったが、当時はご朱印という頭がなかった為山歩きがメーンだった。この時は午年の総開帳の年に当たり、秩父鉄道の秩父駅からバスに乗った際はすし詰め状態だった記憶がある。
今回は、その時と同じ時刻のバス8:39発に乗ったがガラガラで、終点の栗尾で降りたのは私一人だった。




c0273271_10544065.jpg
3年前の記憶がある栗尾のバス停(終点)で降りた。9:24
バス停からすぐ右の道に入る(今バスがいるあたり)。

c0273271_10553162.jpg
少し歩いたところのログハウスの前には巨大なカボチャがゴロゴロ無造作に置いてあった。ここは吉田牧場の売店だそうで、土日のみの営業だそうで今日は閉まっていた。

c0273271_10561661.jpg
行く手に観音山が見える舗道を歩いていく。石垣の多いのんびりした田舎風景である。

c0273271_10580682.jpg
途中、黄色のイチョウと真っ赤なモミジが色付いているところを通る。3年前もここでこの紅葉した木に目を奪われたものだった。

c0273271_10592220.jpg
9:47 地蔵寺に着いた。ここは水子供養で有名な寺で、バスでやってくる人が多いそうだ。

c0273271_11001214.jpg
お寺の向かい側にある水子地蔵の群れ。台座には都道府県の名前が刻まれている。

c0273271_11012649.jpg
9:58 観音院の仁王門に着いた。3年前は大型バスや乗用車で賑わっていた場所で、仁王門左の売店も大勢の人がいたものだったが、今日はその売店は閉まっていた。随分と違うものだなとつくずく思った次第である。

c0273271_11023069.jpg
c0273271_11033901.jpg
仁王門の左右にある石造りの阿吽の仁王像。木彫と違って造りは簡素だが、明治元年完成とあり、高さは4M以上ある日本一の石像だという。

c0273271_11050255.jpg
階段を登っていくと、ン・今頃アジサイが咲いている?

c0273271_11060080.jpg
長い石段を登るが息が上がる。この階段296段あるという。

c0273271_15122427.jpg
10:05ようやく階段を登り切ったところに本堂がある。背面には切り立った断崖がある。

c0273271_11065195.jpg
本堂の左の断崖の上から細く糸を引いて落ちる聖浄の滝。

c0273271_11074231.jpg
ご朱印を済ませ、本堂前で記念に一枚。

c0273271_11104277.jpg
納経所の横を通って、東奥の院に向かう。観音山が見える。

c0273271_11095965.jpg
向こうの山の上の方に洞窟の穴が見える。これは矢抜穴と呼ばれていて、昔畠山重忠の家臣本田親常が矢を射通したという岩穴だとか。

c0273271_11113252.jpg
10:23 お地蔵様の横を通って観音山に向かう。

c0273271_11124695.jpg
始めから木段があり、これが延々と続く。しかもこの木段の高さがかなり高い。短足のわが身にとっては足を持ち上げるのに疲れる。急がず歩けということか。

c0273271_11142645.jpg
30分程木段に苦労しているとようやく上の方が明るくなってきた。頂上はもう少しかな。

c0273271_11153330.jpg
c0273271_15381344.jpg
10:55 観音山山頂到着。
c0273271_11162158.jpg
天気が良く展望が素晴らしい。手前に上州二子山、左奥に両神山、中央奥に最近行ったばかりの父不見山が望める。

c0273271_11171091.jpg
少しズームアップして両神山と手前に上州二子山。

c0273271_11191604.jpg
これが父不見山。

c0273271_11205824.jpg
山頂で少し早いランチを、と思ったのだが北風が冷たく、とても長居は出来なかった。10分程展望を堪能し下りにかかった。木の間越しに合角ダムが見える。

c0273271_11214769.jpg
来た道の木段を下る。少々うんざりである。

c0273271_11223574.jpg
10:27 牛首峠との分岐まで下る。ここで一思案、このまま観音院まで木段を下って行くのはあまりにも芸がない。しかし今持っているガイドブックには牛首峠への道は破線になっていて何のコメントもない。また昭文社の地図ではちょうど観音山のところが切れていて道路の詳細がわからない。しかし、この分岐の標識にはっきりと牛首峠の文字があるので、よもや迷うことはあるまいと思い牛首峠へ行ってみることにした。ガイドブックの破線は大きく迂回しているので、果たして行程時間がどれくらいかかるかわからないのがちょっと不安でもあるが行ってみよう。

c0273271_11232027.jpg
しばらくすると斜面出た。この写真でもわかるように道の路肩がない。かろうじて踏み跡があったのでその通り辿ることにしたが、落ち葉に覆われた道は滑りやすく怖い。靴のエッジを聞かせるように歩くがへっぴり腰になるのが判る。距離にして50Mほどのところだが、とにかく危険な思いをした。ロープを張るなり、道を切るなりしてもらわないと事故が起こりそうである。特に雨の日などは通行無理である。

c0273271_11235497.jpg
しばらく下ると、今度ははっきりと合角ダムが見えてきた。

c0273271_11242917.jpg
少し道からそれたところにある日尾城址。石の祠があるだけだった。

c0273271_11250856.jpg
11:55ようやく牛首峠に着いた。

c0273271_11254202.jpg
峠からの道は本当の山道。あまり整備はされていないが、所々にテープが木に巻かれていて迷うことはない。一カ所鎖場もあった。下るにしたがって沢沿いの道となる。

c0273271_11262223.jpg
12:10 牛首峠登山口に出た。ここは観音院の仁王門の近くである。

c0273271_11265591.jpg
c0273271_11272823.jpg
結局ランチは食べそこなったので、栗尾へ戻る道の途中の小高い空き地を見つけ食事とした。

c0273271_11275529.jpg
栗尾のバス停までは予定より早く着きそうだったので、ちょっと道草をしてみる。
飯田八幡神社でどこにでもあるような神社だが、12月の第2土日はここで鉄砲祭りというのが行われ、かなり賑わうそうだ。

c0273271_11300712.jpg
社殿前で一枚。

c0273271_11303558.jpg

13:40 栗尾のバス停に着く。バスが来るまでしばし待つ。14:10のバスで秩父鉄道秩父駅まで向かう。
今日は天気は良かったが北風の強い一日だった。しかしこれで札所巡りもあと1カ所で結願となった。

[PR]

by hkatsu59 | 2017-11-11 16:42 | 秩父の山と巡礼 | Comments(1)  

Commented by 食山人 at 2017-11-12 11:56 x
父不見山、よーく見えましたよ。

<< 2017年保険部のOB会を行いました 300名山完登に同行して >>