人気ブログランキング |

アカヤシオの咲く根本山・熊鷹山を歩いてきた

c0273271_14140339.jpg
根本山山頂(1199M)で
c0273271_14144074.jpg
根本山山頂付近のアカヤシオ

4月のFツアーは4月19日(木)に群馬と栃木の県境にある根本山と熊鷹山に行ってきた。いつものように6時30分新橋駅を出発したころは雲が多く心配したが、現地に近ずく頃には青空も見えてきた。今回は12名の参加だった。
狭い山道を縫うように走って、不死熊橋駐車場に着いたのは9時頃だった。駐車場には意外(?)にも車が数台駐車していてマイナーな人気のある山であることが窺える。これもアカヤシオで有名で、かつ群馬100名山に数えられている証か。






c0273271_14163215.jpg
バスを降り身支度を整える。
c0273271_14165347.jpg
林道を根本山へ向かって歩き始める。奥に見えるのは熊鷹山か。9:15
c0273271_14171254.jpg
登山口にある案内板。我々は中央の中尾根コースから根本山へ登り十二山から熊鷹山へ回り戻ってくるというコースで歩くことになっている。

c0273271_09252993.jpg

林道から中尾根コースに向かう分岐を左折する。
c0273271_14173314.jpg
9:35中尾根登山口に入る。
c0273271_14180303.jpg
杉林の中の道をジクザクに登っていく。
c0273271_14190895.jpg
この根本山はこのアカヤシオ・シロヤシオなどツツジで有名な山だそうで、早速ツツジが目に飛び込んできた。

c0273271_09361261.jpg

小さな祠が現れてきた。登山口から35分経った。
c0273271_14235909.jpg
こんな急坂も現れる。ロープを伝って滑らないように慎重に登る。
c0273271_14245808.jpg
尾根道に出ると、落葉樹の間から青空も見え心地良い山行である。
c0273271_14594883.jpg
所々にアカヤシオが出てくる。ここのヤシオは樹高が高く見上げて眺める。
c0273271_15003127.jpg
ズームアップしてみる。
c0273271_15010593.jpg
これも見事なアカヤシオだ。
c0273271_15014716.jpg
木々の向こうに日光連山が見える。
c0273271_15023300.jpg
ズームアップ、雪を抱いた日光白根山。
c0273271_15065180.jpg
11:20根本山到着。全員で記念撮影(T橋さんのブログより借用)。
c0273271_15091343.jpg
山頂にあった見事なアカヤシオ。しばし見とれてしまった。
c0273271_15101792.jpg
根本山は小休止してからすぐに熊鷹山に向かって下った。
11:42十二根本山神社跡。小さな祠と大きなマサカリの刃が無造作に置いてある。


c0273271_15123220.jpg
尾根道を歩いて振り返ると、今登ってきた根本山が見える。
c0273271_15130962.jpg
11:55十二山通過。
c0273271_15133583.jpg
樹林の間から熊鷹山が見えてきた。
c0273271_15140447.jpg
12:20熊鷹山山頂到着。360度の展望だ。
c0273271_15180737.jpg
雪を抱いた日光白根山を中心にした日光白根山を望む。その右側雲の下には男体山も見える。手前右はさっき登ってきた根本山。
c0273271_15183737.jpg
遠くに赤城山が見える。
c0273271_15195218.jpg
熊鷹山で全員で記念撮影(OY木さんのブログより借用)。
c0273271_15202867.jpg

c0273271_15212222.jpg
さほど広くはない山頂を誰もいないことをいいことに我々12名で独占しランチタイムとした。
c0273271_15214167.jpg
13:00下山開始。
c0273271_15220919.jpg
13:22うすゆき新道を下り登山口に下った。ここで林道にでる。
c0273271_15223647.jpg
石鴨林道を延々歩く。
c0273271_15232274.jpg
ここでもツツジが目に入ってきた。
c0273271_15235479.jpg
1時間の林道歩きを強いられようやくバスの待っている不死熊橋駐車場に着いた。14:22

およそ客が寄り付かないような辺鄙な場所の梅田ふるさとセンターを覗いて、佐野まで走って゛佐野やすらぎの湯”で汗を流してから、いつものように走る居酒屋で反省会(?)をしながら赤羽駅へ向かった。

by hkatsu59 | 2018-04-22 10:26 | 遊山記 | Comments(0)  

<< 奈良いにしえの道を散策 割烹゛やじま”と鹿岳と妙義の桜と >>