カテゴリ:暇な話( 45 )

 

2019年初日の出

2019年元旦。孫に急き立たれ、眠い目をこすりながら近くの江戸川土手へ初日の出を見に出かけた。氷点下2度にもかかわらず土手には20人ほどの人が集まっていた。


c0273271_11074404.jpg
6:31東の空は薄っすらと白み始めていた。

c0273271_11081666.jpg
目を左に転じると筑波山が見える。

c0273271_11083208.jpg
6:45徐々に明るくなってきた。

c0273271_11084981.jpg
6:50もうじき太陽が顔を出す。

c0273271_11090571.jpg
c0273271_11092184.jpg
6:53間もなく…

c0273271_11093969.jpg
6:55スローモションのように茜色になってくる。

c0273271_11095300.jpg
6:58あと少し…

c0273271_11100709.jpg
c0273271_11102998.jpg
6:59太陽が顔を見せてきた。

c0273271_11110225.jpg
c0273271_11111486.jpg
7:00太陽が完全に姿を見せてきた。

c0273271_11113355.jpg
c0273271_11115234.jpg
7:01太陽の全体が姿を見せた。30分の天体ショーも終った。

by hkatsu59 | 2019-01-02 11:42 | 暇な話 | Comments(0)  

またまた”やじま”で美食を堪能!

c0273271_09462840.jpg
美味しい料理をいただいた、‟やじま”の前でご主人の矢島さんと一緒に記念撮影。


山仲間のFツアーのFリーダーから紹介いただいた、スッポン懐石‟やじま”を訪れるようになってから、山仲間と3回・個人的に2回と合計5回お邪魔しているが、毎回新鮮で美味しい料理には驚かされてきた。すっかり‟やじま”の虜になってしまった女房が声をかけ、今回は女房の兄妹家族7人と2台の車に分乗し伺うことになった。
昨年12月に5名でお邪魔したが、事あるごとに美食を吹聴してきたせいか、その時に体調不良で参加できなかった2名が特に心待ちにしていた‟やじま”訪問である。


More:続きはこちら

by hkatsu59 | 2018-11-24 10:50 | 暇な話 | Comments(0)  

晩夏の長瀞リバーサイドウォーク

c0273271_08181951.jpg
荒川渓流と秩父赤壁

今年の記録的猛暑の名残がまだ消えない8月29日(水)に、5月の親友Oの葬儀以来会っていないW辺と、久しぶりの再会を兼ねて秩父長瀞のリバーサイドウォークを楽しんだ。
秩父鉄道野上駅で9:45待ち合わせたのだが、私の乗った羽生発の電車が発車して間もなく行田駅付近で発生した人身事故でストップしてしまった。結局40分遅れで野上駅に着いた。
野上駅を歩きだした頃は曇っていたせいかあまり暑さは感じなかったが、歩き出してからしばらくすると陽が差し夏の暑さになってきた。


More:続きはこちら

by hkatsu59 | 2018-09-04 10:25 | 暇な話 | Comments(0)  

三浦半島岩礁の道を歩く

c0273271_14142196.jpg

大きく浸食された岩礁の道を歩く
c0273271_13241610.jpg

釼崎灯台

5月6日(日)GW最終日に山仲間のOY木さん・M本さんの3人で、いつもの山歩きとは少し目先を変えて三浦半島の先端の劔崎海岸の岩礁を歩いてきた。何しろ三浦海岸在住のM本さんにとっては庭のようなもの、うってつけの名ガイドの元で快晴の岩礁歩きを楽しんできた。
三浦海岸は昭和40年代の後半に職場の仲間と海水浴に来て以来、実に44~5年振りなので隔世の感がある。


More:続きはこちら

by hkatsu59 | 2018-05-11 21:27 | 暇な話 | Comments(0)  

奈良いにしえの道を散策


c0273271_14422098.jpg
奈良東大寺大仏殿
c0273271_14244170.jpg
生駒山系を望む。右の双耳峰が二上山、真ん中が葛城山、左が金剛山。その手前の小さな山が万葉集でも有名な大和三山。中央が耳成山、その左側が畝傍山、左奥にちょっと判り難いが天の香久山が見える。意外に小さい山であるが、これが万葉集にも頻繁に出てきて馴染みのある山だ。
c0273271_14253805.jpg
JR桜井線の車窓より三輪山を望む。

c0273271_15343740.jpg
               万葉のみち、山の辺の道



4月25日(水)~28日(金)まで女房と奈良へ行ってきた。大阪勤務時代は奈良・京都にはよく足を運んだものだが、大阪を離れてからはほとんど古都には足を踏み入れたことはなかった。今回、奈良のなかでもいつか行ってみたいと思ってはいたが、はなかなか機会を作れなかった山の辺の道と飛鳥を歩いてみたくなり、女房を連れて3泊4日奈良フリープランを利用して行くことにした。天気予報も25日を除いてはまあまあのようなので期待が持てる。




More:続きはこちら

by hkatsu59 | 2018-05-08 15:01 | 暇な話 | Comments(0)  

ある小さな日本画展2018

c0273271_13090692.jpg
c0273271_11375190.jpg


c0273271_13113228.jpg
個展会場:ギャラリー平左衛門(運河)

女房のT子が1月25日(木)~2月5日(日)まで運河駅近くにあるギャラリーで日本画の個展を開催した。一昨年の11月に同じギャラリーで個展を行ったが、今回はギャラリーの企画展ということで声がかかり急遽開催することになった。
今回は一昨年・昨年の院展出品作をメーンに草花の小品を展示する運びとなった。この企画展が決まった
11月以降に時間を惜しみ描きの重ねた絵を含み23点の出品となった。
3日前の22日に関東地域は大雪に見まわれ25日の搬入が心配されたが、何とか運び込み開催にこぎつけることができた。
期間中140名を超える来場者があった。さすがにT子も応対もに疲れ切ったようだった。

一昨年の個展は下記アドレスでご覧ください。
  kazanjin.exblog.jp/26175066/













More:続きはこちら

by hkatsu59 | 2018-02-07 12:32 | 暇な話 | Comments(0)  

今年も秩父の夜祭を

c0273271_16382015.jpg
昨年、秩父の夜祭を見て勇壮な山車と花火に圧倒されてきたが、今年も行きつけの蕎麦屋の女将から実家を開放するので花火をまじかで見に来ないかという誘いがあり、その厚意にに甘えまだ見たことがないという女房を連れ、W辺夫妻にその娘二人の6人で出かけて行った。我が夫婦とW辺夫婦の4人は女将の一室を借り雑魚寝でその夜は泊ることにした。
西武線は混むとの情報があり、羽生経由秩父線でお花畑駅に向かった。つい最近終った秩父34ヶ所の札所巡りでもこのルートを使っていたが、いつもガラガラの電車もこの日は熊谷を過ぎると結構混んでいた。




More:続きはこちら

by hkatsu59 | 2017-12-11 15:47 | 暇な話 | Comments(0)  

山中湖キノコ採取記

c0273271_10053205.jpg
ラクヨウをゲット、しかも三連式とは…仲間が次々と採取に気勢を上げる中、ひとり蚊帳の外で少々腐りかけていた私だが、ついに雑草の陰にそれらしきものを発見、ようやく皆さんの仲間入りをしました。ついつい頬が緩んでしまいました。
c0273271_10063137.jpg
別の角度から(M本さんのブログから借用)

毎年、春の山菜・秋のキノコの頃に山中湖で山仲間6人と合宿を行っているが、今年も10月7日(土)・8日(日)の一泊二日実施した。当初は二泊の予定だったが、生憎の雨模様で一泊に変更になった。
10時に新橋駅前からÑ松さんと私が、最近新車に変えたU沢さんの車で東名経由で山中湖に向かった。連休の初日ということもあり途中渋滞に巻き込まれて、1時間ほど遅れて山中湖の山荘に着いたが、なんと練馬からOY木車できたM本・W辺の3人と1分も違わずほとんど同時に
14時前に着いた。
早速、今日の採取の目的地である石割山山麓に向かった。


More:続きはこちら

by hkatsu59 | 2017-10-14 15:42 | 暇な話 | Comments(0)  

名湯網張温泉に行ってきた、そして八戸へ

c0273271_13274508.jpg
休暇村岩手網張温泉から早池峰山(左側)を望む

9月15日に七戸十和田へ行く用事があり、せっかく青森まで行くのであれば途中どこか温泉に立ち寄りたいと思い、宮城・岩手を探したところ網張温泉が目についた。この温泉は湯質が良くなかなかの名湯として聞こえていたので行ってみることにした。
14日(木)大宮発10:49の新幹線で盛岡で下車し、13:00の送迎バスに乗り込んで14時前に休暇村岩手網張温泉についた。人気の宿舎らしく結構混んでいた。ただし、敬老会のようなお年寄りの団体も多かった。


More:続きはこちら

by hkatsu59 | 2017-09-18 14:06 | 暇な話 | Comments(0)  

孫と裏磐梯へ行ってきた

c0273271_1434595.jpg

五色沼の一つ、毘沙門沼。遠くに見えるのが磐梯山。

c0273271_1148377.jpg

会津若松・鶴ヶ城。なるほど、名城である。


8月22日(火)~23日(水)、夏休みで暇を持て余している孫3人を連れてJIJI・BABAの5人で裏磐梯へ行ってきた。
22日大宮から新幹線やまびこに乗り、郡山で磐越西線に乗り換え、猪苗代駅に降りたのが10時24分。ここで、今夜宿泊予定の休暇村の送迎バスに乗る予定だったが、来ているはずのバスが見当たらない。休暇村に電話してみるとどうやら忘れていたようだ。ちょうど五色沼方面に行くバスが出発するところだったのでそれに乗り込むことにした。
五色沼入口で下車し、バスを乗り換え裏磐梯高原に着いたのが12時頃。ここで簡単な昼食をとる。
平日だが夏休み中なのでもう少し人出があるかと思ったら、意外と閑散としていた。今にも降り出しそうな空模様も影響しているのか。レストランで聞くと、地元の学校は夏休みも終わり今日から授業が始まっているのだという。

More:続きはこちら

by hkatsu59 | 2017-08-29 10:48 | 暇な話 | Comments(0)