人気ブログランキング |

<   2013年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

鼻曲山・旧碓氷峠を歩く

c0273271_9314911.jpg

二度上峠側から見た鼻曲山(鼻が曲がっているような山容からこの名がついたという)


4月20日(土)Fツアー4月山行で浅間山の東にある鼻曲山へ行ってきた。
いつもの通り6時30分に新橋駅前に集合、今回の参加者はいつになく多く17名であった。そのため参加費も大幅に安くなった(結構・結構)。
車中、今日のルートは長日向・ふれあいの郷から登り留夫山(とめぶやま)を経由し思婦石(しのびいし)へ下るコースだったが、今日の現地の天気は午後から崩れる予報なので協議の結果二度上峠から登り長日向へ下るコースに変更することにした。これだと2時間ほど早く下山できるので、その分白糸の滝・旧碓氷峠をゆっくり見て回ることができる。
関越道・上信越道を経由し登山口の二度上峠に着いたのは10時前。峠はまだ肌寒く木の芽ぶきもいまだしの早春模様である。

More:続きはこちら

by hkatsu59 | 2013-04-26 13:38 | 遊山記 | Comments(0)  

江ノ島にて、そしてトンビが

c0273271_1056686.jpg

                   江ノ電の江ノ島駅

現役時代に同じ釜の飯を食った仲間4人で、卒業後親睦を計る目的で月1回顔を合わせている年金カルテット4人組が、いつも居酒屋の片隅で杯を傾けているよりも、春爛漫の気候の良い時に太陽の光を思う存分浴びた方が健康的だろうと、4月17日(水)に江ノ島まで足を延ばすことにした。
そこで、鎌倉在住でこの3月末日をもってかつて我々がいた職場を目出度く任期満了を迎えたM・N子さんにも声をかけ、JR鎌倉駅西口に5人が集合した。
そして江ノ電に乗り江ノ島駅で下車した。修学旅行シーズンで江ノ電もかなり混んでいた。
駅前でアルコールの入った清涼飲料水(?)を仕入れ、みやげ物店の並ぶ路地を海岸に向かった。

More:続きはこちら

by hkatsu59 | 2013-04-19 12:54 | 暇な話 | Comments(0)  

釜ノ沢五峰で山菜採りを楽しむ

c0273271_1150249.jpg

          釜ノ沢五峰への出発地点、長若山荘前

ようやく春うららを感じさせられるようになった4月13日(土)、山仲間8人と秩父の釜ノ沢五峰へ行ってきた。この山は昨年4月下旬に行ったが、、その時には山も小さいながら岩場のアップダウンもあり結構面白かったがそれと合わせて山菜が豊富だったという印象が残った。
今回はそのリベンジというよりも、どちらかというと山菜採りに重点を置いた企画となった。

N市から東武線を乗り継ぎ、羽生で秩父鉄道に乗り換え集合場所の西武秩父駅へ向かった。1週間前に女房と清雲寺のしだれ桜を見に行った時は、長瀞から先の秩父線沿線は桜が満開だったが、1週間たった今では完全に葉桜となっていた。
西武秩父駅からタクシーで見覚えのある長若山荘前で降りた。今回は昨年とは逆のコースで、キャンプ場の方から登り五ノ峰から順に一ノ峰を経由し、この長若山荘前に戻るコースである。
10時20分逸る気持ちで出発した。

More:続きはこちら

by hkatsu59 | 2013-04-16 12:20 | 遊山記 | Comments(0)  

自宅近くの江戸川土手から見た富士山

c0273271_5425993.jpg

晴れた日に江戸川の土手から富士山がよく見える。特に冬はきれいに見える。

by hkatsu59 | 2013-04-11 05:46 | 富士山点描影 | Comments(0)  

金冠山からの富士山

c0273271_549584.jpg

           達磨山から見た駿河湾越しの富士山(2013年1月13日)

c0273271_552279.jpg

            金冠山から見た富士山
この日は天気も良く、達磨山から金冠山へ歩く間、ずーっと富士山を見ることができた。


c0273271_1120413.jpg

                          達磨山山頂

c0273271_11211014.jpg

                          金冠山山頂

by hkatsu59 | 2013-04-10 05:47 | 富士山点描影 | Comments(0)  

長者ヶ岳から富士山を見る

c0273271_8364577.jpg

     長者ヶ岳山頂から見た富士山(2012年12月8日)

富士山の西側、天子山塊の長者ヶ岳を歩いてきたが、山頂から望む富士山は素晴らしかった

c0273271_8374243.jpg

            大沢崩れが正面に見える。

by hkatsu59 | 2013-04-09 08:29 | 富士山点描影 | Comments(1)  

清雲寺のしだれ桜とカタクリ

c0273271_9464381.jpg

4月5日(金)秩父の清雲寺のしだれ桜を女房と見てきた。自宅から東武線・秩父鉄道を乗り継いで約3時間、武州中川で下車した。
途中、長瀞近くになった頃から車窓からも満開の桜が目に入ってくるようになった。それにしても秩父は桜の多い所である。
駅で下車すると、この時期だけのものであろうか急作りの案内板が辻々に設けられているので目的地まで迷うことはなかった。
ぶらぶら歩いて15分ほどで青雲寺に着いた。
ここは、昨年の4月12日に大反山・若御子山から下ってきたときに立ち寄ったことがあるが、その時は3分咲き程度で残念な思いをした。しかし、しだれ桜の木の多さやその幹の太さに感心し、是非日を改めて来たいものだと思ったものだ。
清雲寺に着くとさっそく見事なしだれ桜が出迎えてくれた。一部散り始めたものもあるがなかなか見事な桜だ。

More:続きはこちら

by hkatsu59 | 2013-04-08 09:52 | 暇な話 | Comments(1)  

真富士山から見る富士山

c0273271_671734.jpg

第2真富士山から見た富士山(2012年11月20日)。ここからは右側に宝永山が見える。

c0273271_674544.jpg

第1真富士山から見た富士山。真富士山とは富士山が真正面に見える山という意味だとか。どこから見たのが正面かはよくわからないが。

c0273271_10461028.jpg

     第1真富士山山頂

by hkatsu59 | 2013-04-08 06:04 | 富士山点描影 | Comments(0)  

夕暮れの光岳から見た富士山

c0273271_12385667.jpg

      2009年8月23日(日)光岳センジヶ原から見た富士山

早朝5時前に易老渡から登り始めて8時間半、疲労が極限まで達した頃に現われた草原のセンジヶ原で目に飛び込んできたのが富士山、思わず疲れも忘れてしまう程に見入ってしまった。

c0273271_12391366.jpg
c0273271_12393771.jpg

夕方6時過ぎ、光小屋から夕陽に色を変えていく富士山。

by hkatsu59 | 2013-04-07 12:40 | 富士山点描影 | Comments(0)  

小金沢連嶺からの富士山

c0273271_1147312.jpg

             石丸峠付近から(2012年5月25日)
大菩薩峠から牛奥ノ雁ヶ腹摺山・大蔵高丸大谷ヶ丸を経由して滝子山まで縦走した時、午前中の湯の沢峠までの間は天気も良く富士山はきれいに見えた。午後は残念ながらガスがかかってきて見ることができなかった。

c0273271_11425417.jpg

          牛奥ノ雁ヶ腹摺山から見た富士山                         

c0273271_11452243.jpg

           牛奥ノ雁ヶ腹摺山山頂

c0273271_11463294.jpg

牛奥ノ雁ヶ腹摺山から川胡桃沢ノ頭に至る稜線よりの眺望
c0273271_129346.jpg

c0273271_11482631.jpg

            川胡桃沢ノ頭からの富士山

by hkatsu59 | 2013-04-07 11:40 | 富士山点描影 | Comments(0)