<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

愛宕山・難台山・吾国山を縦走した

c0273271_1056562.jpg

難台山山頂

c0273271_1057543.jpg

          円錐形の形の良い吾国山(福原駅側の沢集落から望む)

Fツアー3月の例会は、茨城県のほぼ中央にある愛宕山・難台山・吾国山(わがくにさん)を縦走してきた。このコースをJR岩間駅から福原駅までを縦走すると17キロあり、少々タフな縦走となる。
このコースの適期は、落ち葉が堆積し裸木になった樹林を通し八郷(やさと)盆地や筑波連峰が眺望出来る晩秋から翌春にかけてがお勧めとされている。
また、この山々は以前から気になっていた場所であるが、公共交通機関を使うと、かなりアクセスが悪い為、是非Fツアーで取り上げてもらうべくリクエストしていた山であった。
そこでFツアーで2月に実施する予定になっていたが、生憎天気が悪く中止になっていたもので3月にリベンジしたものである。
3月25日(金)いつものように新橋駅に集合、今回の参加者は13名だった。そしてFツアーの機動力を活用し、岩間駅から愛宕山登山口までと、下山口の福原駅までをカットして、全長12キロ強の縦走となった。


c0273271_14485014.jpg

これが今回縦走するコース。右の愛宕山から左の吾国山を下る標高は高くはないが、アップダウンの多いコースである(団子石峠にある案内板)。

More:続きはこちら
[PR]

by hkatsu59 | 2016-03-28 11:16 | 遊山記 | Comments(0)  

顔振峠からユガテへ

c0273271_1613929.jpg

顔振峠下の摩利支天近くから見た風影集落。斜面に張り付いた人家は,この風景と溶け込んでどこかのどかな雰囲気を感じさせる。奥の三角形の山は高山不動のある関八州見晴台。

c0273271_16405861.jpg

下山後、定例の山仲間の懇親会が巣鴨の居酒屋であったが、ここで予期せぬ飛び入りがあった。中央に映っている美人がその人で、我々Fツアーにも2度ほど参加したことがあるNさん。この女性は知る人ぞ知る鉄人で、なにしろJR長坂駅から朝歩き(?)始め、日本三大急登の黒戸尾根を甲斐駒まで往復し長坂まで夕方に帰ってきたというから驚きである。また国内外の山岳トレイルにも数多く参加し、標高差数千メートルを100キロ以上も駆け続けるという日本でもトップクラスのアスリートである。この夜はNさんを中心に大いに盛り上がったことは言うまでもない。この写真はM本さんのブログより借用しました。


3月10日(木)は定例の山懇親会があるのだが、M本さんから横須賀からわざわざ交通費を使って上京してくるのだからその前にひと汗流そうという提案があった。これには千葉の片田舎から出てくる私にも全くの同意見で二つ返事で賛同した。これにOY木さんも加わり、3人で奥武蔵の顔振(かおふり)峠から越上(おがみ)山・ユガテを歩いてきた。この日の事前の天気予報は雨模様であまり芳しくなく、中止か決行かで前日まで気を揉んでいたが、雨はなんとか降らない方向に変わったので決行することになった。

More:続きはこちら
[PR]

by hkatsu59 | 2016-03-13 16:12 | 遊山記 | Comments(0)  

秩父の山歩きと越生の梅林

c0273271_16404086.jpg

    今が見ごろの白梅(越生梅林で)

c0273271_16411166.jpg

    青空をバックにズームアップ

c0273271_16414629.jpg

花とはおよそ似つかわしくないモデルではあるが一枚記念に(N松さん撮影)


3月1日(火)関東三大梅林の一つ・越生梅林に山仲間6人で行ってきた。目的は今が見ごろの梅の花の下に花見酒を酌み交わすことにあったが、そこは山仲間の面々・・・ついでにどこか山歩きしようということになり、秩父の関八州見晴し台を越え黒山三滝を見て越生へ行くことになった。
この日の天気は申し分なく晴れ上がったが、前日の強風の名残があり風が強く肌寒かった。

More:続きはこちら
[PR]

by hkatsu59 | 2016-03-02 16:52 | 遊山記 | Comments(0)